ガラスコーティングの効果と価格は?DIYでやるにはどうやる?

この記事は約3分で読めます。

ガラスコーティングって何?

ガラスコーティングとは、

  • ワックス系

カルナバ蝋を原料とした物で固形、半練り、液体と様々販売されています。

施行から艶は最高なのですが、商品によっては一雨で効果が薄れてしまうものもあります。

大体1か月が目安になります。

  • ポリマー系

簡単施工で手軽に撥水と艶が出ますが、効果持続期間は短く大体3か月~半年。

またボディの保護性能も高いとは言えない。

  • ガラス系

塗れたボディに吹きかけて拭き取る簡易施工タイプから、プロが使用する硬化型など性能・価格がピンキリあります。

簡易施行タイプでも効果期間6か月~1年と長いのが特徴です!

 

 

など、さまざまな種類のコーティングの中でも最高に位置づけられたコーティングのことです。

特徴としては、油脂分が少なくコーティング膜が強いということがあげられます。

「ワックスとコーティング剤の違いや種類と効果は?メリット・デメリットを比較!」

ガラスコーティングの効果とは?

そんなガラスコーティングですが、その効果をメリットデメリットと合わせて紹介させていただきます。

特徴などをよく知ったうえで自分に合っているか見極めてくださいね。

まずはメリットから見ていきましょう!

効果が長期間持続する

ガラスコーティングはかなり効果が持続します。

年数にすると、大よそ3年~5年といわれていますが、それぞれ保証年数は異なります。

ただ、ポリマーが3ヶ月~1年、ワックスが1ヶ月程度と考えると、かなり長い期間効果が持続するといえます。

 

傷がつきにくくなる

ガラスコーティングを施工すると、硬い膜に覆われているため傷がつきにくいという特徴・メリットがあります。

さすがに目に見えるような大きな傷はついてしまいますが、目に見えない細かい傷の場合、保護されているためつきにくいのです。

そのためブラックなどのカラーには必須といえますね♪

 

ボディの変色を防止する

ガラスコーティングによって保護されているボディは、直射日光や汚れなどから守ってくれるため変色するのを防いでくれます。

特に赤い塗装色は日光による退色が気になりますので、青空駐車ユーザーにもお勧めです!

 

汚れがつきにくくなる

ガラスコーティングを施工すると、汚れがつきにくくなります。

汚れが付着していても、水だけで簡単に汚れは落ちてしまいます。つまり、洗車も楽になるということです。

 

ツヤがある

ガラスコーティングの最大の特徴はツヤです。

透明感のある硬い膜によって作り出させるツヤは、ボディを美しく見せます。

また、細かい傷がボディの曇りやくすみを生み出す原因になっているため、長時間のツヤを持続させることができます。

 

次はデメリットを紹介します!

やり直しがきかない

簡易施行タイプではそこまで気にする必要はありませんが、

硬化型ガラスコーティングは、一度施行してしまうとやり直しすることが難しいといわれています。

つまり、失敗すると後が面倒になってしまうのです。

 

定期的なメンテナンスが必要になる

ワックスやポリマーであれば、基本的に施行後のお手入れの必要はありません。

しかし、ガラスコーティングは効果を持続させるためのメンテナンスが必要になってしまいます。

 

業者に頼むと費用が高額になる

ガラスコーティングを、専門店やガソリンスタンド、量販店などの業者に依頼した場合は、6万円~10万円程度と高額になります。

理由としては、下処理なども丁寧に行われるためで、耐久性はもちろん保証もついてくるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました