ガラスコーティングの効果と価格は?DIYでやるにはどうやる?

この記事は約2分で読めます。

■ガラスコーティングをDIYでやるには?

では、ガラスコーティングをDIYで施工した場合の手順を説明させていただきます。

●施行前に必要な道具を揃えておく

1.カーシャンプー
2.粘土や鉄粉除去剤
3.脱脂材やシリコンオフ
4.コンパウンド
5.マスキングテープ
6.コーティング剤

●ガラスコーティングをDIYでやる際の注意点

ガラスコーティング剤には説明書が同梱されています。施行前にはこの説明書に必ず目を通しておきましょう。

●DIY手順1:ボディの洗浄

まずは洗車を行います。カーシャンプーでボディを綺麗に洗ったあと、水分を拭き取ります。

その次にボディに引っついている鉄粉などを粘土や鉄粉除去剤を使って取り除きます。

そして更に洗車して液剤を洗い落とします。この際、水分は徹底的に拭き取ったり乾燥させたりしましょう。

ドアノブの爪痕、ミラーの下など、細かい傷などがあれば1度目の洗車のあとに目の細かいコンパウンドで傷を消しておきます。

関連記事

新車や黒系を傷つけない洗車方法は?洗う手順や洗車用品は?

鉄粉の予防策と除去方法は?粘土の使用は傷つかない?

細かい傷を消せる!車用コンパウンドの使い方とオススメ商品は?

●DIY手順2:マスキングテープを使ってマスキング

次にマスキングを行います。樹脂部分やゴム部分などのコーティングしたくない部分をマスキングテープで覆います。

●DIY手順3:コーティングを施工する

コーティングを施していきます。ムラができないよう均等に塗っていきましょう。

注意点としては、施行した部分を素手で触ると指紋がついてしまうので、触らないようにしましょう。

施行後は、塗り忘れがないかしっかりと確認しておく方がベターです。

●DIY手順4:水に濡れないように乾燥

最後に乾燥させます。水分や汚れが付着しないように自然乾燥させましょう。

ガラスコーティングをDIYでやった場合の価格は?

様々な商品がありますが、

硬化型の場合は5000円~10000万円前後

簡易型の場合は2000円~7000円前後

車のコーティング剤でおすすめは?女性でも簡単!艶や撥水効果のある商品は?

■まとめ

「ガラスコーティングの効果と価格は?DIYでやるにはどうやる?」はいかがだったでしょうか。
これまでのことをまとめると、

・ガラスコーティングについて
・ガラスコーティングの効果やデメリット
・ガラスコーティングDIYの方法

などをご紹介しました。
業者に依頼すれば高額になりますが、自分でやると手間や時間がかかってしまいます。そのあたりをしっかりと考えた上で検討するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました