新型リーフ 2017年10月モデルチェンジで航続距離は?プロパイロットも採用

この記事は約2分で読めます。

Vモーションデザイン採用の新型リーフ

 

フロントグリルは最近の日産車でお馴染みのV型グリルを採用され、ヘッドランプ・テールランプは横長デザインに変更されます。

新型リーフはモデルチェンジで空力性能も考えられており、ボンネットフードからAピラーのプレスラインが整流効果を発揮

充電ポートは現行リーフと変わらずボンネット先端に配置されます。

 

サイドデザインではウィンドウガラスは現行型から流用されるらしい情報があります。

コスト削減の目的でしょうか?

 

リアデザインも手が入りブーメランデザインのテールランプと、ハッチバックスタイルのデザインでスマートな印象になるそうです、

モデルチェンジされるリーフはフル充電で600キロ達成か?

現在リーフに搭載されているバッテリー容量は

  • 24kWh
  • 30kWh

の2種類になっており、228kmと280knの航続距離になっています。

 

新型リーフではバッテリー容量が大幅に増やされる予定になっています

  • 48kWh
  • 60kWh

倍のバッテリー容量が与えられてカタログ航続距離600キロを実現するようです!

これはバッテリー性能アップと生産コスト軽減によるもので、新型リーフでは大幅な価格上昇することなく航続距離を延ばせるようです。

実際の航続距離は400キロ前後になるでしょから、ガソリン車と比較しても不満がありませんね。

一気に倍の距離になれば購入を検証するユーザーは格段に増えます。

普段の買い物・通勤で大活躍間違いなし!

新型リーフの航続距離は400キロ!

上記では600キロか?と書きましたが日産の発表で航続距離が判明しました。

  • バッテリー容量40kWh
  • JC08:400キロ

の航続距離に決定です。

2018年度にはバッテリー容量・モーター出力向上バージョンの販売が予定されているので期待が出来ますね♪

 

あとは容量が増えた分どれだけ充電時間がかかるが気になる所です。

  • 自宅(200V 15A)
  • 24kWh:8時間
  • 30kWh:11時間

なので単純に16時間と22時間の充電時間になります。

しかし発表された充電時間は、

  • 8時間(6kW)
  • 16時間(3kW)
  • 急速充電で80%は40分

充電回路の見直しなどによってバッテリー容量はアップしましたが、充電時間は大幅にアップしないのは嬉しいですね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました